三菱UFJカードの解約・退会方法を解説【2024年度版】

三菱UFJカードの解約・退会方法を解説【2024年度版】 クレジットカード

三菱UFJカードの解約や退会を検討されている方のために、詳細な手順を解説します。このガイドでは、オンラインや電話を利用した解約方法、注意点、よくある質問に答えながら、できるだけスムーズに手続きを進められるよう以下のステップに沿って進めてください。

ポイント還元率の高いカードとおすすめカード

ポイント還元率が高く、日常のショッピングやオンライン利用で効率的にポイントが貯まるカード。ポイント好きな方におすすめ。その他おすすめカードも参考に検討してみてはどうでしょうか。

ゼビオカード 通常の2倍のポイントが還元
最大4,000円相当プレゼントを実施中!
国内最大級の大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」で使える【ゼビオカード】
デポジット型クレジットカード【Nexus Card】 クレジットカードの審査が不安な方におすすめ!
デポジット型クレジットカード
過去に審査落ちした方なども審査を受ける事のできるカードです。
東急カード 東急線を利用されている方におすすめ!
TOKYUポイントが貯まる!
買って乗ってお得な東急カード!
セゾンカードデジタル 国内初!”完全”
ナンバーレスカード
【セゾンカードデジタル】

三菱UFJカード解約・退会方法

三菱UFJカードの解約または退会方法は、退会お申し込み専用サイトまたは自動音声応答サービス(電話)での手続き方法になります。

退会お申し込み専用サイトで解約する手順

手続きできる対象のカードは会員本人の名義クレジットカード(個人会員用)のみとなります。

※必ず会員本人が手続きを行うようにしてください。またカードを解約・退会すると家族カード、ETCカードなどの付帯カードも自動的に退会されるので注意しましょう。

解約手順

まず退会お申し込み専用サイトを利用するにはスマートフォンのSMS機能(ショートメッセージ)が必要です。

下記のステップの順に進めていきます。

  1. 注意事項の確認:手続きできないカードの確認をします。手元のカードが該当しないことを確認できたら、チェックボックスにチェックを入れ、「退会のお手続きへ進む」ボタンをタップします。
    注意事項の確認
    全ての注意事項を確認し、全てのチェック項目にチェックを入れ「次へ進む」ボタンをタップします。
    ▼チェック前
    注意事項の確認
    ▼チェック後
    注意事項の確認 次へ進む
  2. 携帯電話番号の入力:退会申し込み用URLをSMS(ショートメッセージ)に送る携帯電話番号を入力します。
    携帯電話番号の入力
  3. 退会申し込み用URL送信:SMS送信完了画面が表示され、携帯電話に届いたURLをタップし進みます。
    退会申し込み用URL送信
  4. お客様情報の入力:携帯電話番号の下4桁の番号を入力し「次へ進む」ボタンをタップします。
    お客様情報の入力1

    次にフォームに必要事項を入力し、入力内容の確認に進みます。
    ※この際手元にカードを準備しておきましょう!
    お客様情報の入力2
  5. 入力内容の確認:入力内容を確認し問題なければ先に進みます。
  6. 解約・退会の申し込み完了:上記のステップを順に進めていけば解約・退会の申し込みは以上で完了となります。

電話で解約する手順

  1. カード裏面にある電話番号に連絡を取ります。
  2. 音声ガイダンスに従って必要な情報を入力します。
  3. 手続きを進め、退会を申し込みます。

電話番号や受付時間はカードによって異なることがあるので、カード裏面に記載されているコールセンターの情報を確認することが重要です​​​​。

自動音声応答サービス

  • 一般・学生・イニシャル会員専用
    ナビダイヤル0570-050535
    繋がらない場合03-5489-6165
    受付時間:受付時間 9:00~17:00(無休・年末年始は休み)
  • プレミオ・ゴールド会員専用
    ナビダイヤル0570-022115
    繋がらない場合03-5489-0292
    受付時間:受付時間 9:00~17:00(無休・年末年始は休み)
  • ゴールドプレステージ会員専用
    フリーダイヤル0120-722720
    繋がらない場合03-5489-3352
    受付時間:受付時間 9:00~17:00(無休・年末年始は休み)

注意点

  • 年会費が発生するタイミングでの解約は、無駄な支払いを避けるためにも、年会費が発生する前に行うことを推奨します​​。
  • 解約後には、クレジットカードが提供していた付帯サービス(例:海外旅行保険など)も利用できなくなりますので、その点も考慮する必要があります​​。

コメント

タイトルとURLをコピーしました